手元供養をお勧めできない理由

手元供養をお勧めできない理由

現代社会では、故人のご遺骨を、石のお墓に埋葬する他に、納骨堂や樹木葬、散骨などの自然葬といったさまざまな永代供養の形式があります。

最近では、「最愛の人の遺骨を身近に置いておくことで、心のよりどころにしたい。」「遺骨をお墓に納骨すると、一人ぼっちになってしまい淋しい。」といった方の要望を取り入れて、遺骨の一部を自宅で保管し、亡き故人を偲ぶ「手元供養」をされる方が増えているようです。

手元供養のみならず、大切な方のご遺骨を納骨する心の整理がつかず、いつまでも自分のそばにいて欲しいという思いから、お墓へ納骨することができない人も多いようです。

 

亡くなった人は何を願っているか

一見、遺骨を大切に自宅に置いておくのは良いことのように感じると思います。

しかし、お骨をその人の分身として大事にしたい、急にいなくなった現実を受け入れられない、何年経っても思い出すと泣けてしまう。という遺族の気持ちとはうらはらに、故人の視点で考えたときに、遺骨を大事にしすぎることが、必ずしも最善ではない場合もあります。

例えば、幼い子供を亡くした親が、何年たっても自分の子供の遺品を処分できないという場合です。

その亡くなった子の気持ちで考えた場合、自分の大好きなお母さんを、自分が死んだことによってずっと悲しませ続けていることが、たまらなく辛く、苦しいことだということが想像できます。むしろお母さんに早く笑顔が戻って欲しいと考えるのが子供です。

若くして、最愛の夫・妻を亡くされた場合も、いつまでも悲しまず、苦しまず、区切りがついたら、再婚して幸せになってほしいと願うのは自然なことです。

お骨を持ち続けていることが、故人にとっては、生きている人を苦しませていることになり、それは、本来望んでいることではないかもしれない、という視点で考えてみるということが供養を行う上で大切な考え方なのです。

法事を行う理由

お寺で、何度も何度も法事を行う理由は、亡くなった人の為、だけではありません。残された人、生きる人にとっても重要な儀式なのです。

日本では、葬儀の後も、初七日法要からはじまり、49日法要まで毎週の法事があり、お盆、1周忌、3回忌と、死を見つめる機会が多くあり、法事を行うことで、少しづつ、現実を受け入れ、個人とお別れをする心の準備をしていく仕組みがあります。

回を重ねることで「この人は死んだんだ」という現実を、段階を経て受け入れていくことができるのです。

この風習は日本独自のもので、法事を一切行わない、西洋諸国では、最愛の人の死を受け入れることができず、また受け入れるまでに多くの時間がかかり、うつ病などの精神病になる率が日本よりも圧倒的に高いそうです。

かつて先人たちは、現代のように医療も整っていないころ、親兄弟、子供や身近な人を、戦争や病気、飢饉や災害で失ってきた歴史があり、その悲しみ、苦しみを癒し、その後の人生を力強く生き抜いていかなければ、命をつなげていくことができないという厳しい時代がありました。法事を行い、繰り返し供養をしていくという仕組みは、その時代を生き抜いてきた先人たちの知恵といえます。

手元供養を選択する人は精神的に不安定になる傾向がある

これまで私たちは何千件もの葬儀を行い、「死」というものと常に向き合ってきました。そして、手元供養を選択される方が苦しんでいるというケースを目の当たりにしています。

中には亡くなった人のお膳を出してお骨と一緒に食事をしたり、七回忌を過ぎても自分の子供の遺品を全然処分に手をつけていないという家もありました。

手元供養そのものが悪いわけではありません。しかし、お寺に遺骨を預けられる方に比べて、遺骨を持っている方は長く苦しみ続ける傾向にあるのは事実です。

別れをどう受け入れるか

「故人とのお別れ」というと淋しく感じるかもしれませんが、それは淋しいことでも、悲しいことでも、冷たいことでもありません。その人が亡くなるということは、故人を忘れてしまうことではなく、故人との「関係性が変わる」ということです。

娘が結婚して嫁いでも娘であることは変わらないように、大切な人が亡くなってあちらの世界に行ったとしても、大切なその人であることに何ら変わりはありません。つまり、肉体があった時の関係から肉体が無くなってしまってからの関係に変わった、ということです。

生きている人にとって大事なことは、亡くなった人との別れを、嘆き悲しみ続けることではなく、身近な人の「死」を通じて、自分の「生」を見つめ直し、地に足をつけて強く生きていくことです。

 

急ぐ必要はありませんが、供養を繰り返し、少しずつ少しずつ、心の整理をして、最愛の人との関係をあらため、故人ではなく、生きている「自分自身」の人生を一歩づつ歩まれることを、故人は何よりも望んでいる、ということを忘れてはいけません。

命は有限であり、人は必ず死ぬ。
このあたりまえの現実を、しっかり受け止められた人は、強くやさしく生きていける人であり、故人も安心してあちらの世界から見守ってくださることでしょう。

どうぞ、悲しみ、苦しみを手放す勇気を持ち、
次の一歩を踏み出す日が訪れることをお祈りしています。