お仏壇の飾り方とお供えの仕方

お仏壇のお祀りの仕方は宗派によって異なり、その作法が正しいものか気にされている方も多いです。しかし、飾り方ばかりに気を取られ仏壇の本来の意味を忘れてしまってはなりません。

仏壇の本尊様はだれ?

仏壇は、よくご先祖様の為に用意するものだと思われている方も多いですが、仏壇とはその名の通り仏(ほとけ)の壇ですから、本来は仏教の信仰の対象として仏様をそこにお祀りし、自分の生き方を戒めたり、「今日も1日守ってくださってありがとうございます」と手を合わせ感謝をする場所です。

ですから、ご先祖様のお位牌を中央に飾るのではなく本尊様が祀られています。本尊様は宗派によって違うと思いますが釈迦如来(ブッダ)や阿弥陀如来などになります。

お仏壇の前で手を合わせることで、ご先祖様にその日のご報告をし、自分自身の心が穏やかになって、また新しいスタートを切れるきっかけになると思います。仏壇はご自宅の中のお寺としての役割を担っているのです。

お仏壇の飾り方

御本尊さま「お釈迦様」のお祀りの仕方

そんな大切なお仏壇の基本的なお祀りの仕方は、写真の通りです。

その中には、まず一番上の段中央に御本尊さまのお釈迦様をお祀りします。

基本的にはお釈迦様のみでよいのですが、お釈迦様と道元禅師(永平寺ご開山)、瑩山禅師(けいざんぜんじ:大本山総持寺ご開山)、一仏両祖(いちぶつりょうそ)のお絵像を掛ける場合もあります。この場合は、同じく一番上の段中央にお掛けします。お釈迦様がすでのお祀りしてある場合は、その後ろにお掛けします。

お位牌のお祀りの仕方

ご先祖さまのお位牌は、本尊さまの左右にお祀りします。古いお位牌は向かって右、新しいお位牌は左にお祀りするのが一般的です。

亡くなられている方がたくさんいらっしゃってお位牌を置くことができない場合は「繰り出し位牌」をつくって、中に入っている中板にそれぞれの方の戒名や俗名等を記載し、お祀りすることができます。

お供え物のお祀りの仕方

お供え物は、五つのお供えが基本になります。香り(線香、お香)、お花、灯明(ろうそく)、お水、食物(お霊膳・おれいぜん、果物、菓子、嗜好品など)の五つです。

ご飯やお水のみに限らず、ご家族が召しあがる食事と同じものをお供えするとよいと思います。

そしてお供えした物は、無駄にしないよう皆さんで分け合っていただきます。

なお、お線香は煙をお供えするのではなく、よい香りをお供えするものです。お線香の匂いが苦手という方は、他の香りのハーブ等をお参りするときにお供えしてもよいのです。

過去帳を記録しましょう

ご先祖様の履歴もきちんと残しておくとよいと思います。

過去帳というものをお仏壇屋さんで購入していただき、戒名を時系列順に記載して、大切にお仏壇の中に保管なさってください。

下段の飾り方

下段には、向かって左側より花器、香炉(こうろ)、ロウソク立ての三具足(みつぐそく)を置きます。

香炉にも表と裏がありますので、三本足の場合には手前に一本の足がくるように置きます。

普段のお参りをする時に必要なリン(カネ)やお経本、数珠(じゅず)等は、下段または引き出しの中に置きます。

木魚(もくぎょ:必ずしも用意しなくても可)がある場合は、木魚を右に、リンを左に置きます。

リンだけの場合は右に置きます。

もし、お仏壇の中が手狭になったときは前机を置くとよいでしょう。

 

※上記の飾り方は福厳寺で行なっている飾り方です。