よくある質問

供養全般について

樹木葬について

納骨後について

供養全般について

Q必ず会員にならなければいけませんか?
A基本的に永代供養に申込みをいただくと、福厳寺会員となっていただく流れになっています。もちろん永代供養料に会費も管理費もすべて含まれていますので、追加の年会費用や寄付、離壇料、強制労働などは一切ありません。年に4回お送りします会報誌「慈光」には、人間関係や仕事のことなど、普段私たちの日常生活に役立つお話がたくさん掲載されています。慈光を通して仏教の教えに触れていただき、毎日の生活をより良いものにしていただければ幸いです。
Qお葬式も一緒に福厳寺でできるのですか?
Aもし大切なご家族が亡くなられた場合は、福厳寺の僧侶がお通夜やお葬式に伺いご供養いたします。宗旨宗派も問いませんので、多くの皆さんにご安心いただけると思います。お葬式の形態や費用など、不安なこともたくさんあると思いますので、お気軽にお問い合わせください。
Q宗派が違っても納骨できますか?
A福厳寺の永代供養は宗派を問いません。ただし、戒名をつけたり納骨をしたり法要を行うときには、福厳寺の方式で行いますので予めご了承ください。
Q納骨はいつまでに行うべきですか?
A一般的には49日法要の際に合わせて納骨を行いますが、すでにお手元にお骨がある方や墓じまいしてお骨を移動する場合も対応可能です。
Q遺品は供養してもらえますか?
A福厳寺の場合、燃えるもの(紙類、わら、布、木製のもの)に関しては、ご供養料を納めていただいて、お焚き上げ供養を受け付けております。食物や生花類、プラスチックやガラス製の燃えないものに関しては受付を行っておりません。御札や御守に関しては、福厳寺で受けていただいたもののみご供養を行っております。

樹木葬

Q骨壺はどうしたら良いですか?
A福厳寺の樹木葬は、専用の骨壺を既にご用意しております。そちらの中へお一人ずつ納骨をする形になっていますので、納骨が終わりましたら今までの骨壺はお寺でご供養します。
Qお位牌はありますか?
A樹木葬・観音墓苑の場合は千手堂の合同位牌にて供養しております。

納骨後について

Qお仏壇はどのようにかぜれば良いですか?
A仏壇の飾り方についてはこちらで詳しく解説しております。
Qお参りはいつでもできますか?
A基本的にお寺は365日お休みはありません(お祭りや行事などの日を除く)。千手堂(室内納骨堂)はお参りできる時間が9:0017:00までとなっております。お墓参りに行かれる際は、お線香とロウソク、お花や故人が生前好きだったものをお供えとして持ってきていただくとよいと思います。
Q車椅子ですがお参りできますか?
A福厳寺では室内専用の車椅子をご用意しております。福厳寺受付にご連絡をいただけましたら、通常の駐車場よりも車を近くに停めていただくことが可能です。介助が必要な場合は、福厳寺受付まで事前にご連絡をいただければ、お伺いいたします。
Q法要(法事)はできますか?
A永代供養をしても、3回忌や7回忌などの法事も申し出ていただければいつでも行うことができます。お墓を建てても、永代供養をしても、お参りできるのであればご家族やご親戚の方々と一緒に法事を行うことが、ご先祖様も喜ばれることと思います。
Q法要のお布施はいくらくらいですか?
A目安として30,000円~50,000円くらいだとお伝えはしておりますが、福厳寺としてはお布施の意味をご理解いただき、よく考えて頂いた上でお支払いしていただきたいと考えております。お布施については住職が分かりやすく解説した動画がありますのでそちらをご覧ください。【お布施って何?】現代の日本人に一番足りないものとは…
Q年忌法要は何を準備すれば良いですか?
  • 喪服を着用していただく
  • お塔婆を持参(前日にお寺に取りに来られる方のみ。当日お寺で受け取りも可能)
  • お布施(白無地の封筒に「お布施」と書いて、「施主のお名前」を記載していただいたもの)
  • お墓参り時の線香、ろうそく、生花、お供え(お寺の法要後)

上記、4つのみです。所要時間は、お寺での法要が30分前後ですので、その後、ご家族やご親戚の皆さんでお墓参りされる時間を足していただき、1時間半くらいを目安としていただくと安心だと思います。